思ったより悪くなかった

派遣社員として働くと姑に言ったら

「全然稼げなかったよ」
「何年もやってたけどいい職場はひとつもなかった」
「変な人もいたし、いじめられたりもした」

と、良い反応ではなかった。

でも実際に働いてみたら、良い職場に当たったようで、
仕事は丁寧に教えて下さるし、部署内は仲が良くて、ざっくばらんで話しやすい方ばかり。
社内は清潔で、設備も整ってる。
仕事内容も簡単すぎて飽きるということはないし、難しすぎてしんどいということもない。

何より、人が苦手な自分にとっては、周囲と適度な距離を保てるのが嬉しい。
正社員の時は「定年までずっとここにいるのかな…」という息苦しい気持ちだったから、最長3年しかいられないのも気が楽だ。

他人が「これはダメだよ」と経験から教えてくれたことでも、自分にはとても合うこともある。
気になって、やってみようかな、と思っていることは、他人の評判は気にせずやってみるべきだと思った。

ちなみに昔、私がダンス教室に通おうと思っていると姑に伝えた時も、彼女は「私も体験教室行ってみたけど難しかったからやめときなさい」と言った。
その時は他人の意見にすぐ影響を受ける小娘だったので従ったけど、今思えば私と彼女は違うのだから同じことをやっても違う結果になるはずなので、チャレンジくらいしてみればよかったと思っている。

それにしても、こんなに人のやることなすことに反対する姑が自分の親じゃなくて幸運だった。